ニュース

ホーム > ニュース > 壁

2009.03.19

2009年3月18日 壁 超長期住宅信州・松本モデル事業(200年住宅)

長野県松本市の工務店、国興ホームがお届けする長期優良住宅先導的モデル事業(200年住宅)。


 

壁のボードです。

温熱等級を満たすための施工。

090318a.JPG

090318b.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

090318c.JPG

090318d.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超長期住宅(長期優良住宅)に課せられている性能。

温熱等級や耐震等級など一定の性能条件が超長期住宅(長期優良住宅)には定められています。材料代・手間代などのコストアップは避けられません。そして、それを補うために補助金・減税などの措置がとられるようになっているのですが、コストアップした分を全て補うことはできません。

ただ、イニシャルコストだけを考えればいいのではないけれど、アップした部分を補うだけのもの、もしくはそれ以上のものを与えるようにしないと長期優良住宅の普及は難しい気もします。

もちろん、与える側だけでなく住む人も意識を変えていくことが重要です。

国がどこを目指しているのかしっかり示しそれに対して行動を起こす、そして住宅をたてる人・住む人の意識がバランス良く未来への投資につながっていけばいいと思います。

 


200年住宅】 【超長期住宅信州・松本モデル事業】 【超長期住宅先導的モデル事業】 【長期優良住宅先導的モデル事業】 【】 


ホームニュースコンセプト実績紹介不動産情報会社案内

TOP OF PAGE