コンセプト

ホーム > コンセプト > 外張り断熱

外張り断熱

外の気温変化に強い

外張り断熱工法は、柱や屋根などの家全体の構造体を、断熱材ですっぽり包む工法です。外の気温変化の影響を受けにくいため、少ないエネルギーで室内を快適な温度環境にすることができます。

無駄なく使える空間

屋根の内側、基礎の屋外側で断熱材を設けているため、小屋裏なども室内と同じ温度環境で利用できます。そのため、小屋裏を収納・趣味の空間・斜めの天井(勾配天井)・2階ロフトなど、幅広い用途で使うことができます。

増築・リフォームも容易

間仕切りの移動などは断熱層と気密層に手を加えることなく行え、増築する場合も断熱層と気密層を同時に延長することができるので、既存部分の断熱工事を最小限におさえることができます。家族構成やライフスタイルの変化に柔軟に対応できます

基礎も外張り断熱

基礎の屋外側に断熱を行うことで、基礎を保護しながら、床下土間コンクリートを蓄熱体として利用することができます。また、地面の安定した温度がいかせるので室内の温度変化が少なくなります。
給水給湯配管も凍ることがないので、凍結防止ヒーター設置の必要がありません。

コンセプト一覧

  • 外張り断熱
  • ハイブリッド換気システム
  • 木の家
  • 木造軸組工法 全棟構造計算
  • 田中製材所
  • アフターメンテナンス
  • リフォームについて

ホームニュースコンセプト実績紹介不動産情報会社案内

TOP OF PAGE