コンセプト

ホーム > コンセプト > 田中製材所

田中製材所

昭和9年から続く、信州松本の製材所
- 最初から最後まで材料を吟味できる、自社の製材所

グループ会社である(有)田中製材所では、現在、若いスタッフたちが活躍しています。製材された木材は、国興ホームの住宅に使われるだけでなく、他社へも販売され、適材適所に木材を厳選します。そんな田中製材で働くスタッフの生の声をご紹介します。

田中製材はこんなところ。

若い力で木への愛着をもって考え、それを少しずつ形にしていき、新しいものを求めていく。そんな気持ちを全員が持って頑張っています。家づくりにおいて、使って欲しい材種など、お客様のニーズに合ったものを生産します。


私たちは毎日、こんな想いで木と向き合っています。

毎日、木の木目や材質、香りなど、他の職業ではなかなか味わうことのできない環境の中で、丸太一本の生命を無駄にしないよう、より多くの材料を作れる様に心がけています。自分が丸太から製材した製品が家になり、何十年も形になって残ることが嬉しいですね。

お客様に喜んでもらえる家になってもらうために、自分が家を建てる時の気持ちになって、使用する材木や製品などの見極め、気配りをしています。

無垢材は自然のものなので、いくら乾燥していても、材によっては多少の「曲がり」や「割れ」が発生してしまうことがありますが、それも味として、木の家に暮らすことを楽しんで欲しいです。

ぜんぶを活用できる、すぐれもの
- 住宅から紙、牛の寝床まで。木はエコな材料

◎月に2回、製紙業者がチップを引き取りにきます。一回につき2t弱、年間48tのチップが回収されます。

木は昔から捨てるところがない材料として、すべての部分を人々の生活に役立てていました。

建築材として使えない部分の皮や端材など、薪として燃料に使われたり、現在ではチップにされ、紙の原料としても利用されています。

製材した時に出る木の粉や木くず(木挽ヌカ)は畜産試験場で牛の寝床などに利用されています。


コンセプト一覧

  • 外張り断熱
  • ハイブリッド換気システム
  • 木の家
  • 木造軸組工法 全棟構造計算
  • 田中製材所
  • アフターメンテナンス
  • リフォームについて

ホームニュースコンセプト実績紹介不動産情報会社案内

TOP OF PAGE