ニュース

ホーム > ニュース > 住宅知識

住宅知識

2009.06.06

2009年6月4日 長期優良住宅法関連情報

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施工されました。


国土交通省のHPに長期優良住宅についての情報が掲載されています。

国土交通省>>政策・仕事>>住宅・建築>>住宅>>長期優良住宅関連情報

 

 長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(「長期優良住宅建築等計画」といいます。)を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されます。

 この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、所管行政庁に申請します。当該計画の認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うこととなります。
 
 
国土交通省HPより
 
また、工務店向けに次のような事業も開始しています。
国土交通省HPより
 
これから、住宅メーカーそして、工務店、建築家、家に携わるお仕事のみなさんは日本の住宅とどのように向き合っていくのでしょうか?
 
国が示した方針と共にもう一度、作る側も住まう側も「いい家」とはどんな家のことを示すのか考え直し、それを実現するために、国は国として、民間は民間として、個人は個人として行動していくことが求められています。
 
国興ホームでも早くから長期優良住宅と向き合ってきました。この制度がよりよい未来をつくるために本当に私たちのためになるのかしっかりと検証しながら進めていきたいと思います。
「今を大切にする+未来をつくる」そんな家づくりを目指して。
 
【企画広報室 松山】

200年住宅】 【長期優良住宅】 【長期優良住宅の普及の促進に関する法律】 

2008.11.13

寒冷地での住宅。

信州などの寒冷地では東京などの(標準地域)と比べて、住宅を建てるときに考慮しなければいけないことがあります。それは、目に見えることから見えないことまで。


・凍結深度

寒冷地では寒さが厳しくなると地盤の深くまで凍ってしまいます。この凍る深さを 凍結深度 といいます。

凍結深度より浅い位置に基礎があると、地盤が凍ったときに建物の基礎が持ち上げられ、家が傾いたり、破損する恐れがあります。

<家が傾かないために>

防止策として凍結深度より深い位置まで地盤を掘り下げて基礎をつくリます。

国興ホームは地域に合う設計と施工を行っています。

 

 


>> 続きを見る

寒冷地】 

2008.11.05

足下からしっかりと!(地盤調査・地盤改良)

木造2階建てまでの戸建住宅は構造計算の義務づけがなく、現時点で地盤調査も法律上義務づけられてはいません。


写真:スウェーデン式サウンディング方式の様子。

jibanchosa01.jpg

 

木造2階建てまでの戸建住宅は構造計算の義務づけがなく、現時点で地盤調査も法律上義務付けられてはいません。

しかし、地盤の地耐力を知り、その土地にあった基礎や補強方法を選定することによって、不同沈下などの問題を生じにくくし、ストック型社会に向け、長く住める住宅づくりをすることが出来るので、国興ホームでは地盤調査を全棟標準にしています。

 

 


>> 続きを見る

地盤改良】 【地盤調査】 

2008.10.10

住宅の価格表示の基準知ってますか?

住宅の坪単価の表示方法にはなんの基準も決まりもありません。それぞれの会社が独自できめている値段で判断することは危険です。


住宅の坪単価の表示方法にはなんの基準もありません。それぞれの会社が独自に決めて行っているものです。その値段で判断することは非常に危険だと思います。

 


>> 続きを見る

住宅業界の課題】 

1


ホームニュースコンセプト実績紹介不動産情報会社案内

TOP OF PAGE